【MHXX】ヘビィボウガン「曙光砲【凱風】」【装備】

最初に

今回は立ち撃ちメインのヘビィボウガン用装備の紹介です。今まではブレイヴスタイルでしゃがみ撃ちメインのヘビィボウガン用装備の紹介ばかりだったので、これで立ち回りの幅が増えます。

武器:曙光砲【凱風】

攻撃力:320、会心率:30%、スロット:0
リロード:やや速い、ブレ:なし、反動:やや小
通常弾:9,9,(6)、貫通弾:7,7,6、散弾:(3),(3),(2)、徹甲榴弾:3,(1),(1)、拡散弾:(2),(1),(1)
内蔵弾:LV1斬裂弾3/30・LV2斬裂弾3/15・鬼人弾1/5
しゃがみ撃ち:LV1斬裂弾・LV2斬裂弾

曙光砲【凱風】は二つ名・白疾風ナルガクルガの素材から生産できるヘビィボウガンです。高い会心率と優秀なボウガン性能、そして貫通弾の装填数が魅力的な武器です。LV1,2貫通弾の立ち撃ち運用に最適だと思います。装填数やリロード速度はやや落ちますが、LV3貫通弾を6発撃てるのも魅力です。
ライバルにはビヤラースヴァリアコルム=ダオラ、デスティフェロースなどがありますが、こちらはLV2,3貫通弾を無反動で撃つために反動をやや小以下に軽減する必要があり、スキルや狩技枠が圧迫されます。反動軽減不要の別候補としてはあしひきの山水撞車砲、ちはやふる神山入輿砲がありますが、会心率による補正で曙光砲【凱風】に軍配が上がりました。
あしひきの山水撞車砲、ちはやふる神山入輿砲は貫通弾と属性弾どちらの運用もできる優秀な武器なので、また別の機会に考察したいと思います。

狩猟スタイル:ブシドースタイル

ジャスト回避およびパワーリロードによって回避性能と攻撃性能を両立できる狩猟スタイルです。パワーリロードによって一定時間弾の威力が上がるので装填数7発も活きてきます。
ジャスト回避とパワーリロードを目的としてブシドースタイルを選びましたが他の狩猟スタイルもありだと思います。例えばブレイヴスタイルのパワーランやストライカースタイルのW絶対回避とアクセルシャワーで機動力を確保することもできます。

狩技:絶対回避【臨戦】

武器出しやリロードが隙となるヘビィボウガンと相性の良い狩技です。ブシドースタイルは所謂ブシドー殺しといわれる連続攻撃に弱いのでジャスト回避後の隙を消せる回避系の狩技があると便利です。
全LVの貫通弾が使えるので完全調合を使えば継続戦闘力が圧倒的に伸びます。大連続クエストなどではありかもしれません。
ブシドースタイルのSP強化状態は回避性能が上がるので、ほぼいつでも回避行動に移れる立ち撃ちメインのヘビィボウガンでは有用です。二つ名武器の狩技ゲージ上昇効果もあるので、通常のジャスト回避に自信がない人はお好みでSP狩技指定にしても良いと思います。

装備

■男女/ガンナー■
防御力 [400→520]/空きスロ [0]/武器[0]
頭装備:ネセトラース [2]
胴装備:ネセトコルポ [2]
腕装備:ネセトマーノ [3]
腰装備:ネセトアンカ [2]
脚装備:ネセトサーク [3]
お守り:【お守り】(貫通弾強化+4、達人+9) [3]
装飾品:会心珠【3】、跳躍珠【3】×2、射法珠【2】×3
耐性値:火[15] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[10]

貫通弾・貫通矢UP
弾導強化
見切り+3
超会心
回避距離UP
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

■男/ガンナー■
防御力 [400→520]/空きスロ [0]/武器[0]
頭装備:ネセトラース [2]
胴装備:ネセトコルポ [2]
腕装備:ネセトマーノ [3]
腰装備:ネセトアンカ [2]
脚装備:ネセトサーク [3]
お守り:【お守り】(貫通弾強化+4、達人+9) [3]
装飾品:射法珠【2】×3、会心珠【3】×2、連撃珠【3】
耐性値:火[15] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[10]

貫通弾・貫通矢UP
弾道強化
連撃の心得
見切り+3
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

■男/ガンナー■
防御力 [400→520]/空きスロ [0]/武器[0]
頭装備:ネセトラース [2]
胴装備:ネセトコルポ [2]
腕装備:ネセトマーノ [3]
腰装備:ネセトアンカ [2]
脚装備:ネセトサーク [3]
お守り:【お守り】(貫通弾強化+4、達人+9) [3]
装飾品:射法珠【2】×3、会心珠【3】×2、痛撃珠【3】
耐性値:火[15] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[10]

貫通弾・貫通矢UP
弾道強化
弱点特効
見切り+3
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

スキル

貫通弾・貫通矢UP

貫通弾の威力を上げるスキルです。貫通弾メインのガンナー武器には必須の最低限の火力スキルです。

見切り+3、超会心、連撃の心得、弱点特効

今回メインとしている火力上昇スキルです。会心率および会心攻撃の倍率を高めることでダメージの期待値を上げています。見切りは護石系統倍化で付与しやすく、お手軽に会心率を高めることができます。
連撃の心得は連続ヒット判定のある貫通弾と相性が良く、連続で7発も撃つことができる曙光砲【凱風】との相性も良いです。
弱点特効は条件付きですが会心率の上昇量が高く、見切りと合わせて会心率を100%まで高めることができます。特にLV1貫通弾ではヒット間隔が短いので弱点部位に攻撃を納めやすいと思います。

弾道強化

貫通弾と相性の良いスキルです。クリティカル距離が伸びるので超大型モンスターとの戦いで有利になる他、通常の大型モンスター戦でも立ち回りがしやすくなります。

回避距離UP

ヘビィボウガンの機動力を補うスキルです。特に貫通弾メインのボウガンの場合、クリティカル距離を維持するためにモンスターから素早く離れなければなりません。このスキルがあれば接近攻撃をジャスト回避した後も素早くクリティカル距離まで離れることができるでしょう。
機動力が上がるので弾道強化との選択で入れ替えると良いと思います。動きが素早く、接近攻撃を主体にするモンスターを相手にする場合は回避距離UPのほうが有用に働くと思います。

最後に

今回は立ち撃ちヘビィボウガン用装備の紹介で、しゃがみ撃ちは考慮しませんでしたが、チャンス時のしゃがみ撃ちを考慮すれば別の武器も候補に挙がります。
”立ち撃ち”を目的とした場合は構成の自由度が高いので、今回の構成に縛られることなく己の狩りを見つけてみてください。

投稿者:

ゲン

ゲームのブログとゆっくり・VOICEROID(ボイスロイド・ボイロ・結月ゆかり)実況プレイやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.