【MHXX】大剣「叛断ノ覇刀レギオン」【装備】

最初に

今回は特殊ギミックが付いたセルレギオスの武器の装備構成を紹介します。特殊ギミック付きの武器はモンスターハンターシリーズ(MHFを除く)全体を見ても少なく、面白い運用方法ができます。

武器:叛断ノ覇刀レギオン

攻撃力:290、会心率:20%、スロット:2、斬れ味:紫20[+2:紫20]

叛断ノ覇刀レギオンはセルレギオスの素材から生産できる大剣です。攻撃力は控えめですが斬れ味を筆頭に全体的に優秀な武器性能をしています。そして前述したように特徴的なのが斬れ味回復の特殊ギミックです。抜刀状態で回避行動を5回すれば斬れ味が5回復します。これにより高い継続戦闘力、斬れ味回復の隙や被弾機会が大幅に減ります。
今作から登場したスキル「刃鱗磨き」の効果を武器のギミックとして内包していることになります。

狩猟スタイル:エリアルスタイル

メインの攻撃である跳躍溜め斬りがほとんどの場合で回避行動からの派生になるので、レギオス大剣の特徴である刃鱗磨きを活かせる狩猟スタイルです。
所謂バッタ戦術になりますが、エリアル大剣の場合はその戦術が最も強い戦い方になります。

狩技:ムーンブレイクⅡ

お好みですが乗り系のスキルが活きてくるムーンブレイク、特に必要狩技ゲージが少なくてモーションも短いⅡがおすすめです。
エリアル大剣は基本的に抜刀状態のままモンスターに密着した状態で立ち回ることが多いので絶対回避による抜刀攻撃のヒットアンドアウェイ戦術はしませんし、刃鱗磨きギミックによる斬れ味回復もあるので絶対回避【臨戦】の恩恵も少ないです。
ただしエリアルスタイルの回避行動は癖があり、モンスターから離脱するのが難しいので、生存を意識するのであれば回避系狩技でも良いと思います。その場合、使用機会は限られるので絶対回避【臨戦】が良いでしょう。いくらレギオス大剣とはいえ回避行動を伴わない抜刀攻撃やガード、弾かれ部位を攻撃すれば徐々に斬れ味は低下してしまいます。絶対回避【臨戦】で保険をかけておきましょう。
エリアルスタイルのSP強化はスタミナ関係で狂走薬で代用可能なのでSP狩技指定はしなくて良いと思います。

装備

■男女/剣士■
防御力 [670→860]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:ネセトカウザ [2]
胴装備:ネセトディルア [2]
腕装備:ネセトタハッド [3]
腰装備:ネセトヒザム [2]
脚装備:ネセトダラー [3]
お守り:【お守り】(溜め短縮+4、達人+9) [3]
装飾品:連撃珠【3】、会心珠【3】×2、飛燕珠【1】×4、乗慣珠【1】×4
耐性値:火[10] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[5]

飛燕
乗り名人
集中
見切り+3
連撃の心得
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

■男女/剣士■
防御力 [670→860]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:ネセトカウザ [2]
胴装備:ネセトディルア [2]
腕装備:ネセトタハッド [3]
腰装備:ネセトヒザム [2]
脚装備:ネセトダラー [3]
お守り:【お守り】(溜め短縮+4、達人+9) [3]
装飾品:痛撃珠【3】、会心珠【3】×2、飛燕珠【1】×4、乗慣珠【1】×4
耐性値:火[10] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[5]

飛燕
乗り名人
集中
見切り+3
弱点特効
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

■男女/剣士■
防御力 [670→860]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:ネセトカウザ [2]
胴装備:ネセトディルア [2]
腕装備:ネセトタハッド [3]
腰装備:ネセトヒザム [2]
脚装備:ネセトダラー [3]
お守り:【お守り】(聴覚保護+7、達人+9) [3]
装飾品:連撃珠【3】、会心珠【3】×2、飛燕珠【1】×4、乗慣珠【1】×4
耐性値:火[10] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[5]

飛燕
乗り名人
高級耳栓
見切り+3
連撃の心得
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

■男女/剣士■
防御力 [670→860]/空きスロ [0]/武器[2]
頭装備:ネセトカウザ [2]
胴装備:ネセトディルア [2]
腕装備:ネセトタハッド [3]
腰装備:ネセトヒザム [2]
脚装備:ネセトダラー [3]
お守り:【お守り】(聴覚保護+7、達人+9) [3]
装飾品:痛撃珠【3】、会心珠【3】×2、飛燕珠【1】×4、乗慣珠【1】×4
耐性値:火[10] 水[-5] 雷[-10] 氷[0] 龍[10] 計[5]

飛燕
乗り名人
高級耳栓
見切り+3
弱点特効
超会心
護石系統倍化
スキル加点+2
——————————-

スキル

飛燕

攻撃のほぼ全てが跳躍攻撃になるエリアル大剣の必須スキルです。

乗り名人

おまけの5スロットスキルです。エリアルスタイルとの相性は良く、ムーンブレイクの乗り値も増加できます。パーティプレイでは乗りダウンによる攻撃チャンスは美味しいので積極的に乗り蓄積も狙っていきましょう。乗りは罠と違って全ての地形、ほとんどのモンスターに有効なので腐ることが少ない拘束手段です。
といっても優先度は高くないのでお好みで罠師やキノコ大好きなどに変更しても良いでしょう。

見切り+3、超会心、連撃の心得、弱点特効

今回の火力スキルです。素の会心率20%と見切りで会心率を確保し、超会心で効果を高めていきます。
連撃の心得は跳躍にも判定があるので跳躍攻撃なら確定で25%の会心率向上が見込めます。
弱点特効はモンスターを選びますが、ドボルベルクやガララアジャラなどエリアルスタイルで弱点を狙いやすいモンスターを相手にする場合に活躍してくれるスキルです。

集中

エリアル大剣に集中を発動させた場合は攻撃位置が上がったり、低い位置からの跳躍でも溜め3が間に合ったり、狙いをつけてから溜め始めても溜め3が間に合ったりするメリットがあります。
ただ他スタイル大剣と違ってそこまで重要ではないので、優先度は高くありません。

高級耳栓

エリアルスタイルおよび乗りシステムと相性の良いスキルです。乗りやすさの向上は勿論ですが、空中での大幅なふっ飛びを防ぐのに役立ってくれます。咆哮【大】によるふっ飛びは高度にもよりますがモンスターとの距離を大きく離されるのでリカバリーが大変です。また乗りへの移行にはタイムラグがあるので、乗りダウンをとった瞬間に咆哮でふっ飛ばされて乗り失敗という事故もこのスキルによって防ぐことができます。

最後に

エリアル大剣は他のスタイルとはスキル構成や立ち回りなど、まるで別物です。一般的な大剣に必要といわれる抜刀術【技】を必要とせず、集中の価値も賛否両論です。
個人的な見解ですが、エリアル大剣は他スタイルと違ってモーション値が低めの設定になっているので、大剣ではあるものの手数武器だと思っています。弱点部位を狙うことは勿論大切ですが、それに拘らずに一発でも多く攻撃すること、乗りダウンによってチャンスを作ることが役割だと思います。
今回紹介した叛断ノ覇刀レギオンは刃鱗磨きのギミックによって斬れ味維持と攻撃が一体になっているので、絶え間なく跳躍攻撃をして手数と乗りダウンを稼いでいける武器だと思います。手数武器としての大剣を楽しんでください。

投稿者:

ゲン

ゆっくり・VOICEROID(ボイスロイド・ボイロ・結月ゆかり)実況プレイやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください