【MHXX】太刀「黒刀【参ノ型】」【装備】

最初に

今回は太刀用装備の紹介です。先日紹介した真名メルセゲスを意識して性能は似ているけど違う運用方法をできる武器を探しました。

武器:黒刀【参ノ型】

攻撃力:280、会心率:15%、スロット:3、斬れ味:紫30[+2:紫30]、防御+10

黒刀【参ノ型】は虫系素材をメインにして生産できる無属性太刀です。攻撃力は低いけどそれを補う斬れ味と会心率、そしてスロット数があります。おまけの防御+10も地味にありがたいですね。
真名メルセゲスよりも優れた点は斬れ味と会心率です。白ゲージを含めた運用方法を考慮すれば斬れ味維持のスキルや狩技無しで運用できますし、伸ばすべき攻撃性能も会心率で分かりやすいです。攻撃力や加算される防御力こそ真名メルセゲスに劣りますが、構成次第で挽回も可能だと思います。

狩猟スタイル:ブレイヴスタイル

ブレイヴ太刀の最大の特徴はカウンターです。ブレイヴ状態の剛・気刃斬りの初撃に判定があり、斬れ味消費なしで強力な攻撃を叩き込め、練気ゲージの回収まで可能です。このカウンターをどれだけ活用するかがブレイヴ太刀を使いこなせるかどうかに直結するでしょう。
カウンターを使っていくので必然的に被弾する確率も上がります。そこで役立つのが武器性能にある防御+10という部分です。他にも防御力が加算される太刀は幾つかありますが、優秀な斬れ味とスロット数、会心率を併せ持つのは黒刀【参ノ型】だけです。防御力を高めつつ必要なスキルを減らせるので、武器スロットを活かして豊富に火力や便利スキルを盛ることができます。なので火力を追求しやすいブレイヴスタイルと相性が良いと考えました。

狩技:妖刀羅刹Ⅰ(SP)

黒刀【参ノ型】の火力を補う狩技です。後述する逆恨みと相性が良く、一気に火力を化けさせることができます。黒刀【参ノ型】をブレイヴスタイルで運用する場合、他の狩技の重要性が薄れるという理由もあります。
絶対回避【臨戦】での斬れ味維持は長い紫・白ゲージまでを使う黒刀【参ノ型】には不要ですし、桜花気刃斬も練気ゲージの段階の概念が無いブレイヴ太刀では不要です。鏡花の構えも自力でカウンターができるブレイヴ太刀では恩恵が薄いです。練気解放円月斬りは安定して剛・気刃斬りが使えるようになるのでありですが、カウンターによって練気ゲージの消費と回収が同時に行われるので、カウンターに関しては実質練気ゲージ無消費で使えると考えることができます。それならスキルの集中で回収量を増やす運用をしたほうが良いと思います。
使用頻度が落ちますが、SP狩技に指定することでブレイヴ状態が維持しやすくなるので、ブレイヴ状態&妖刀羅刹状態で攻撃できる時間が長くなります。攻撃倍率はやや低いですが効果時間や発動モーションの長さを考慮してⅠをおすすめします。ブレイヴ太刀は管理するゲージが多いので、逆恨みとの組み合わせを重視して狩技は使いやすさで選びました。

装備

■女/剣士■ — 頑シミュMHXX ver.0.9 —
防御力 [636→826]/空きスロ [0]/武器[3]
頭装備:S・ソルZヘルム [2]
胴装備:S・ソルZメイル [0]
腕装備:S・ソルZアーム [2]
腰装備:ゴアXRフォールド [2]
脚装備:S・ソルZグリーヴ [1]
お守り:【お守り】(溜め短縮+6,達人+10) [3]
装飾品:痛撃珠【1】×2、会心珠【1】、短縮珠【3】、逆上珠【1】、逆上珠【2】×3
耐性値:火[6] 水[-18] 雷[-17] 氷[2] 龍[14] 計[-13]

見切り+1
弱点特効
超会心
集中
挑戦者+2
逆恨み
——————————-

■女/剣士■ — 頑シミュMHXX ver.0.9 —
防御力 [584→760]/空きスロ [0]/武器[3]
頭装備:S・ソルZキャップ [2]
胴装備:S・ソルZメイル [0]
腕装備:S・ソルZアーム [2]
腰装備:ゴアXRフォールド [2]
脚装備:S・ソルZグリーヴ [1]
お守り:【お守り】(連撃+5,研ぎ師+10) [3]
装飾品:痛撃珠【1】、会心珠【1】、連撃珠【1】、逆上珠【1】、連撃珠【3】、逆上珠【2】×3
耐性値:火[6] 水[-18] 雷[-17] 氷[2] 龍[14] 計[-13]

砥石使用高速化
弱点特効
連撃の心得
超会心
挑戦者+2
逆恨み
——————————-

スキル

逆恨み

前述した妖刀羅刹状態での火力増強スキルです。ブレイヴスタイルでは”いなし”によって容易に赤ゲージをつくることができるので使いやすいスキルです。

弱点特効、超会心、挑戦者+2、見切り+1、連撃の心得

今回のメイン火力スキルです。カウンターによって頭や尻尾などモンスターが攻撃に使う部位に攻撃を与えられるブレイヴ太刀と弱点特効の相性は良く、その会心率を活かして超会心でダメージを加速させます。カウンターによってモンスターの攻撃判定を消せるのもうれしい要素ですね。
挑戦者はモンスターの攻撃が激化する怒り状態で発動し、高火力のカウンターをガンガン決められるようになります。
連撃の心得は手数武器の太刀と相性が良く、カウンターから続く連続攻撃でその真価を発揮します。

集中

練気ゲージの回収が容易になるので安定して剛・気刃斬りを放つことができるようにます。

砥石使用高速化

長い斬れ味ゲージといっても手数武器の太刀ではそれなりの頻度で砥石を使うでしょう。エリア移動や乗りの待機時間が見込めず、ネコの研磨術を使わない場合に有効に働いてくれると思います。業物や斬れ味レベルと違ってスキルポイントが軽いのが良い点です。

最後に

ブレイヴスタイルおよび新しい狩技の登場によって似た武器でも違った色々な運用方法ができるようになりました。剣士武器の性能差による差別化は難しいですが、できるだけその武器の特徴を活かせる構成にしてあげたいと思います。

投稿者:

ゲン

ゲームのブログとゆっくり・VOICEROID(ボイスロイド・ボイロ・結月ゆかり)実況プレイやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.