GBA版がんばれゴエモン2_RTA_37分13秒_Part2/2

最初に

こちらでは動画内で話しきれなかった完走した感想(激うまギャグ)やコメント返信、反省会をしていきます。

裏話

順次投稿

biim系RTA動画といえば一括投稿が主流ですが、私はコメントによる意見を編集に反映させたいと考えているので一括投稿はしません。音量や文字サイズなど、私だけの編集・視聴環境と動画サイトで見てくださっている視聴者の方とは差があると思います。意見が多ければ次はそれを改善したいと考えています。
今回で言えば”音”に関して特に改善できたと思います。音源をSFC版に差し替えたり、ゆっくり音声と音声素材をあまり被せないようにしたり、あとは全体的なバランスに気を配ったつもりです。BGM関係などは概ね好評みたいで良かったです。
今後の動画も基本的には順次投稿をするつもりです。投稿までの間隔が少し開いてしまいますが、別に仕事じゃないし約束しているわけでもないので、不定期で気の向いた時に編集・投稿していきます。

次回作

今回、初RTA・初biim系動画を経験してその面白さ、そして注意すべきことが良く分かりました。なので次回はその反省を活かしてより良いbiim系動画の作成に挑戦しようと思います。現在、別ゲームのRTAを練習中です。
私の他動画を視聴してくださっている方なら分かるとは思いますが、最初期からホモネタや淫夢要素、biim要素を使っており、RTAやスーパープレイが好き、biim系RTAに挑戦したいという話もしていました。やっぱ好きなんですね。
今回編集をしていても思ったのですが、やっぱり自分が好きなのはこういうネタにまみれた動画なので、多分今後もこういう路線でいくと思います。

再編集版

投稿後のコメントによる反応などを見てbiimシステム、リスペクトとはどうあるべきものなのかを学び、不評だった要素をできるだけ削減しました。主に”自分語り”に関してですね。
動画投稿自体が自己満足行為といえばそれまでですが、折角見てくださっている方々に不快感を与えてしまったのは本当に反省すべき点です。
今回の経験を活かし、次作ではより良いものを作れたと思うので、是非見ていただきたいと思っています。

コメント返信

BGM

概ね好評みたいで良かったです。編集で差し替えて良かったです。
余計な事をするなというコメントもありましたが、別曲に差し替えたのは村・町のBGMで何度も聴く機会がある曲なので寧ろ色々なBGMを聴けるので良いのでは無いかと判断しました。

投稿間隔

あまり否定的なコメントではありませんでしたが、一応反論しておきます。
別にいつ投稿するという宣言をしている訳でもないので、投稿が遅いといわれるのはあまり気分の良いものではありません。仕事でやっている訳でもないのでいつ投稿しようと投稿者の自由だと思います。特に今回は投稿タイミングも少し狙っていた部分もあります。
「待ってた」とかうぽつ系のコメントだととうれしいです。

字幕

前回の記事でも少し触れましたが、下字幕の文字サイズは基本的に変更していません。ですが文字サイズが小さいという意見も一定数あったので、台詞が短い場合や一行表示で済む場合は文字サイズを大きくしてみました。いかがでしょうか?
あまり強調するという意図ではなかったのですが、読み易くなっていると感じていただければ幸いです。

金魚ジャンプ

既プレイヤーにしか難易度が伝わりませんでしたね。
英雄の証の雰囲気を大事にしたかったので一切の解説をしなかったのは反省点だと思います。基本的にRTA動画ってそのゲームに対して関心がある人が見るものでしたけど、最近の流行り具合からやっぱり初見の人もいますよね?
次回への反省点です。

お面忍者戦

あまり批判が無くてホッとしています。仮面ライダーのやられボイス素材が少なくて「ウェイ」ばかりになってしまったので少し寂しいかなと思っていました。
最初は忍者ということでニンジャスレイヤーからとるか、タコの仮面が発射するスペシュウム光線からウルトラマンからとるかを考えていましたが、狐面のライダーキックからオンドゥル語が印象深い仮面ライダーの音声を当てることにしました。

バグ

本走で初めてバグって驚きました。
結果としてプレイ・タイムに影響はありませんでしたし、正直動画的には美味しい思いができたと思います。

クラピー☆

やっぱりクラピー☆上映会をするなら「じぇんとるめ!」は必要ですよね?でも正直”超鼻セレブ”の演技は聴く・見るに堪えないので”ほんへ”の上映は控えました。
ヴァラノワールは個人的に思い入れがないので上映予定はありません。

コメント返信

気にせず作れというコメントがあってうれしいです。
私の自己満・言い訳コーナーだったので更に荒れる原因にもなる危険な行為だったかもしれません。やはりPart1で棘の無い様に自分のスタンスを表明するように努力すべきですね。
コメント返信も”自分語り”になるので再編集版では省略しました。

神輿天狗戦

編集に関して、正直あまり満足していません。
殿下ボイスは好きなのですが、ああいう戦闘による被弾ボイスで意味のある言葉は多用すべきではないと思います。短くてあまり意味を持たない言葉を使うのが適切だと思います。意味のある言葉だとそれを理解しようとして聞き手の脳が働くので疲れてストレスを感じてしまいます。最後の逝クゾー!(デッデデデデッデチーン)は良かったと思いますが、今後は控えようと思います。
殿下の被弾ボイスがもっと豊富なら使いたいんですけどね。

茶番

予想はしていましたが不評ですね。やはり一貫してゆっくり妖夢のアイコンのままで終わらせるべきでした。
元々茶番を入れる予定は無かったのですが、Part1のコメントでbi○m兄貴愛用のアイコンであるゆっくり妖夢を使用したことに対する反応が多かったのでこういう処置をしましたが、それでも自キャラアイコンを出すべきではありませんでした。
以前の記事でも話しましたが、私はゲーム実況をキャラにやらせるスタイルではなく、あくまで自分がプレイ・実況をしているというスタイルでやりたいと思っています。なので今回も”実は妖夢ではなく自分(投稿者)がやっていました”という流れを作ったのですが、声だけのままで妖夢を引っ込めるのでも良かったかもしれません。
次回作ではそこらへんは特に気をつけていこうと思います。というかそもそもbiim系動画でゆっくり妖夢を使うべきじゃなかったですね。
再編集版ではそこらへんを意識して改善したつもりです。

最後に

次回の動画では反省を逝かして頑張りたいと思います。

投稿者:

ゲン

ゲームのブログとゆっくり実況プレイやってます。 Twitter https://twitter.com/Gen8603 YouTube https://www.youtube.com/c/Gen8603

3 thoughts on “GBA版がんばれゴエモン2_RTA_37分13秒_Part2/2”

  1. 投稿お疲れ様です。
    兄貴の最後までネタたっぷりの動画楽しく見させてもらいました。
    色々気にされているようですが、正直妖夢使うなレベルの言いがかりコメントは気にする必要はないかと思います。
    あまりにコメントを気にしすぎて動画投稿をやめてしまった人とか見ると悲しいんだよなあ…
    なので自分のスタンスで好きに動画を作って欲しいと個人的に思いました。
    またはっちゃけた動画を楽しみにしています。

  2. コメント、感想ありがとうございます。そういっていただけると嬉しいです。
    ゆっくり妖夢に関して言えばポケモンスナップの人とかも使っているので「ダメ」という訳ではありませんが、そういう考え方もあったのかなと思っています。
    オリキャラでbiimシステムやっている人とかもいるので、今後は要検討って感じですね。
    次回作も予定しているので、首を長くして待っていてくださいね。

  3. 投稿お疲れです。
    ニコニコの方がPart2だけ非公開になっているのでここを見てみましたが
    画質+茶番への配慮って感じだったんですね
    でもルピカさんもおっしゃっていますが気になされない方が良いと思います。
    biimシステムだけの動画は完全ノンケ用
    biim兄貴リスペクトタグがある場合は視聴者層はアレ(自分もそうです、語録はここでは控えてますが)なので
    普通の動画およびRTAとして問題ない内容でも茶番
    およびbiim兄貴への過剰な愛からそういうコメントが出やすかったというだけで
    正直そんな重い意味ではないです。ぶっちゃけ殿下のカーン!に点数つける様な軽い感覚です。
    皆でコメントで突っ込みを入れながら見るゴエモンシリーズは本当に楽しくBGMへの配慮もありとても良かったので
    気が向いたらニコニコの方もまた公開設定にしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。