ロックマンX_RTA_33分21秒_Part2/2

最初に

まず始めに、Part1では沢山の再生ありがとうございました。
予想よりも遥かに大きい反響に、正直戸惑いが隠せませんでした。勿論「ロックマンX」という作品と、RTAというゲームプレイのジャンル、そして「biimシステム・リスペクト」という動画形式の人気であり、私自身の実力や魅力ではないということは重々承知していますが、やはりネット上にモノを公開している者としては、多くの人に見ていただき、反応をいただけるのは嬉しいことです。
正直、あまりの反響に重圧を感じ、Part2が期待に添える内容にできたか不安です。ですが楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

裏話

完走した感想

今回の動画作成で一番苦労、苦戦しました。ここだけで一週間以上止まっていたと思います。ゴエモン2の時にやらかしたこともあり完走した感想や後語りに対して苦手意識がありました。正直、ゲーム画面に動きがない中で無難な話をするのは難しいです。常に動くプレイ中にネタを挿みながら解説や関係する雑談をするほうが断然楽です。
最初は自分語りにならないようにRTAの反省会をする編集にしていたのですが、話すほうも聞くほうもつまらないし、言い訳っぽい内容になりました。そんなプレイで「何故動画化したのか」とか「何故再走しないのか」みたいな話になりかねないと判断し、これはボツになりました。
結局、自分語りになりますが、自分が好きなこと、動画制作理由、そしてゲームの雑談をすることにしました。ですがやはりネガティブな話をするよりも好きなこと、ポジティブな話をしたほうが建設的だと思います。ただ、先駆者様や他動画にも関係する内容になってしまったので心配は心配です。話し方や言葉選びには特に注意したつもりですが、荒れないことを祈るばかりです。

動画制作理由

動画内の”完走した感想”でもお話ししたとおり「ロックマンXのbiimシステムRTA動画が見たかったから」です。この言葉に嘘偽りはないのですが、話していないこともあります。
まず最初に、これはあくまで私の趣味趣向の話で、先駆者様方への批判ではないことを予めご了承ください。
今回プレイしたロックマンXや前回プレイしたゴエモン2は過去に普通のゆっくり実況プレイ動画を作るくらいに好きなゲームでした。そして他の動画も色々見ており、そこで先駆者様方のbiimシステムRTA動画を拝見させていただきました。動画やそれに対するコメント含めてとても面白い内容だったのですが、”biimシステムRTA動画”として私が見たい内容ではありませんでした。私はbiimシステムRTA動画も好きで、それなりに思うところもあります。
なので”好きなゲーム”を”好きな動画形式”で、”好きなプレイ・編集”で見たい!と思い、今回の動画制作に至りました。

RTA

RTAやRTA動画というモノについての私の考えです。
極端に言えば”競技”や”記録”として見るなら「最速」や「新ルート・チャート提案(部分更新等)」以外は無価値だと思います。更に言えば生放送以外の形式、ましてやパート分けなどの編集をした動画という形式ではいくらでも不正できるので無意味だと思います。”極端に言えば”ですけどね。
ですので私は”自己満足”や”エンターテイメント”としてのRTAを重視・尊重しています。最速記録である必要はないし、ミスやガバがあっても良いと思います。そもそもミスやガバが一切無い最速のプレイならTASで良くなります。むしろその人の技量やミス・ガバに対してどう対策・対処するかがRTAの見所、見せ所だと思います。
そんな訳で私は最速は目指さない自己満エンタメ系RTAを動画としてやっているのですが、勿論タイムやプレイについても満足できるように、目標を立ててプレイしています。RTA動画で良く見かける「タイムを計ればRTA」系のコメントも一理ありますが、やはりプレイヤーの意識も必要だと思います。確かに通常プレイでも初見プレイでもタイムさえ計っていればタイムアタックにはなりますが、それはタイムアタックの本来の目標である”早(速)く”・”クリアする”ことからズレていると思います。私は”早(速)く”・”クリアする”という目標達成のためには事前の調査や練習、そして(再)挑戦が必要不可欠だと思います。そういった目標達成のためにできる努力を怠った、時間を計っただけの通常プレイをタイムアタックと称するのは間違いだと思います。
最速の必要はないしミスやガバがあっても良い。技量不足や”完走(クリア)”のために安定をとっても良いし、その結果タイムが遅くたって良い。でも”早(速)く”走るための努力や意識は必要だと思っています。
私の今回のロックマンX_RTAで言えば”最速じゃない(33分21秒)し、ミスやガバ(無駄な被弾)があるし、安定(道中やボス戦など)チャートです。”ですが”早(速)く”走るために事前に調査して会話イベントや戦闘カットを導入し、練習もしました。勿論、常にダッシュやゴールを目指すことを意識して走りましたし、走り直しもしました。
つい熱くなってしまいましたが、エンタメRTAでもそれだけ真面目に走っているということが伝われば幸いです。

biimシステム

私が好きで、意識しているbiimシステム動画の特徴について。
常に賑やかな動画が好きです。具体的に言えば殆どの時間ゆっくりやボイロなりが喋っていて、右枠も常に何かしら情報やネタが仕込まれている動画が好きです。私も出来るだけその形式に近くなるように目指しています。実況や解説が皆無ならプレイ動画で良くなりますし、右枠を使わないならただの実況動画で良いと思います。やっぱり、biimシステムとしてゆっくりや余白を使う以上は最大限に使っているものが良いですね。(私がちゃんと枠を使えているかという客観的評価は不安ではありますが・・・)
biim兄貴は主にRPG、私はアクションゲームがメインなので実況解説や右枠の使いどころやタイミングやが違うので使い方も違って模倣はできませんが、頑張ってbiimシステムとして、biimシステムらしい、biimシステムじゃないとダメな動画を目指しています。

biim兄貴リスペクト

私にとってのbiim兄貴リスペクト(リスペクトの定義を固めるのは絶対にNGなので一個人の考え・思想として捉えてください。)

ゆっくり実況プレイ

元々ゆっくり実況プレイ動画が好きというのもあります。地味に調声も頑張っています。最近「こ↑こ↓」を「個々」の発音で言わせることに成功しました。
前述もしていますが、できるだけ常にゆっくりを喋らせることも意識しています。

RTA

biim系動画ならやっぱりプレイ内容はRTAにしたいと思いました。biimシステムを使った普通のゆっくり実況プレイや解説動画もあり、見応えのあるものも多数ありますが、私はやっぱりbiim兄貴をリスペクトして、同じくRTAの時にbiimシステムを名乗ってやっています。
ちなみに以前、制作・投稿した縛りゆっくり実況プレイがbiimシステムに近い画面レイアウトになりましたが、そちらではbiimシステムは名乗っていません。

淫夢要素

面白い語録や音声素材ばかりで動画が盛り上がります。元ネタも知ってはいますが、別に音声だけなら不快感もないので基本的に面白い音声素材という認識で使わせていただいています。
何より方向性が固定されて動画が荒れ難くなりますし、視聴者のホモも語録を使ってコメントしやすくなるので、楽しいし良いことずくめだと思います。
でも一応ノンケの人にも楽しんでもらえるようにあまりにも汚いBB素材や音声はできるだけ使わないように気を配っています。具体的には課長壊れるの「お○○こ壊れる」などですね。ブッチッパやイキスギィ系は元ネタ知らなければセーフだと思います。

逆にリスペクトしていない・できていない部分もあります。

一括投稿

一括投稿のが視聴者側としては見やすいし、コメントなどでもやはり一括投稿のが好まれているのは分かっているのですが、私は視聴者の方からの意見も動画に取り入れたいと思っています。なので一括投稿はリスペクトせず分割投稿でやっています。でもbiim兄貴をはじめ、一括投稿兄貴たちは本当にすごいと思っています。

キャラクターアイコン

Part1の記事と被る内容もありますが、ぎゃてコラ妖夢にして良かったです。私自身、編集中にぎゃてコラ妖夢の可愛さに癒されましたし、biim兄貴を彷彿とさせる妖夢のおかげで抵抗なくスムーズに語録音声や汚い音声を当てることができました。動画内でも好評だったみたいで良かったです。
私はゆっくりや東方キャラクターが好きで、キャラクター設定と違う口調や態度をとらせることに抵抗があります。他人の動画での扱いとかは気にしないのですが、自分でやるのは心苦しいと感じてしまいます。例えば一番好きなキャラクターである多々良小傘ちゃんをアイコンにしていたら「ふざけんじゃねぇよ!」とか荒い口調の音声素材は使えなかったと思います。
キャラクターアイコンは固定の人もいればシリーズやパートごとに変えている人もいますね。どちらにもメリット、デメリットがあると思います。固定する場合、素材やネタを毎回用意しなくて済みますし、元素材に差分を追加していくことでクオリティアップも図れます。また、他と被っていなければアイコンだけで○○の人みたいなのが分かりやすいのも良い点ですね。具体的に名前を挙げさせていただくと、「ひとやすみるく兄貴」や「アシラ姉貴兄貴」などがいらっしゃいます。特にアシラ姉貴兄貴は表情差分も豊富で、よくコメントでも評価されていますね。一方で毎回アイコンを変えればそれだけでネタになりますし、ゲームに合わせたキャラクターを選んだり、そのゲームの特徴を反映させたりもできます。具体的にはポケモンシリーズを走っている「ムエド兄貴」やHM4Gを走っていた「顔文字兄貴」がいらっしゃいます。ムエド兄貴は毎回様々なキャラクターを使って視聴者を飽きさせませんし、顔文字兄貴はハンターに合わせた装備の差分に切り替わるなど芸細でした。
私の左下のキャラアイコンは今後もぎゃてコラ妖夢で固定しようかと考えています。他の人と被っておらず、好評だったというのもありますし、表情差分の素材を入手したので次回の動画からはぎゃてコラ妖夢にも表情をつけて賑やかにしたいと考えています。biim兄貴リスペクトなのでbiim兄貴と同じで表情固定の静止画ベタ貼りでも良いのですが、折角キャラアイコンとして無駄に余白を使っているので活用していきたいと思います。
妖夢だけでも妖々夢妖夢(通称:YYY)や萃夢想妖夢(通称:辻斬り妖夢)、神霊廟妖夢(通称:男を知った妖夢)、しまむら妖夢などネタが豊富なので毎回変えるのも面白いですけどね。

淫夢要素

定番の「淫夢要素はありません」等についてですが、私はこの表記は不要だと考えています。というのも、淫夢要素だけを特別扱いするのは違うと思います。物事の好き嫌いというのは人それぞれですし、ドラクエネタだって好きな人もいれば嫌いな人もいるし、そもそも知らない人からすればよく分からないネタで勝手に盛り上がるなと不快になる場合もあります。でもそんなことのためにいちいち全てのネタに注意書きはしませんよね?そこは個人の判断・裁量次第だと思います。
それに視聴者には”嫌なら見ない”という選択肢もあります。
また”ありません”からの”はいよーいスタート”で「ホモはうそつき」など、”ありません”表記のせいで無駄な論争が起きたりする場合もあります。そういった事を回避するためにもあえて淫夢要素については注意書きをしていません。
そもそも私のRTA動画は記録やプレイング的には無価値なエンタメRTAです。参考にするためにガチのRTAと解説が見たいなら最速記録の動画やTAS動画、ガチ勢の字幕解説動画やブログがあるのでそちらを見ればよいと思います。
なので淫夢要素に対する批判コメントとかは一切受け付けておりません。

上映会

正直、biim兄貴リスペクトの要素でも賛否が分かれる部分なので、荒れる要素にもなると思います。最初はイレギュラーハンターXのOPなど真面目なものを上映する予定だったのですが、あまり面白みが無かったのでネタ要素のある東方ボイスドラマに変更しました。やはりbiim兄貴リスペクターそして東方ファンとしては東方関係の映像を流すのが本流かなと思っています。
今回はネタ要素もある東方ボイスドラマでしたが、ファン制作の真面目な声当て東方アニメーションもあるので、いつか上映したいですね。東方=クッキー☆と思っている人にもクオリティの高い東方作品を知ってもらい、一人でも東方好きが増えてくれたら嬉しいです。でもアンチも増えるかもしれないのでそこは慎重にいかないとですね。

今後の予定

元々趣味でやっていることなので、別に報告とか断りの必要も無いかもしれませんが、一応書いておきます。
まだまだ見たい・作りたいbiimシステムRTA動画は沢山あるので今後も続けていきます。今後は主にbiimシステムRTA動画が無いゲームを走って動画化していきたいと考えています。といっても私が好きなマリオやカービィ、ドンキーコング、ゼルダの伝説などは既に優良なbiimシステムRTA動画がありますけどね。ロックマンXやゴエモンなどシリーズものに関しては暫く走らないと思います。理由は多くの人に私の動画および私自身に興味を持ってもらいたいと考えているからです。シリーズものを走り続けても、その作品に興味が無い人は全く見てくれないので、より多くの作品を走って、幅を広げたいと思います。
ただ次回のbiimシステムRTA動画は暫く先になると思います。理由は主に2つあります。

PCの買い替え

まだ未確定ですが、PCを買い替える予定です。現在使用中のPCがかなり古く、最近の録画・編集についていくのが困難になりました。一般的な動画編集用のPCスペックとかは知りませんが、現状だと録画時に稀に画面が止まったり(録画は正常)、編集では倍速時や2つの映像再生時にカックカクになったり、音声素材の適正な読み込みができなかったりで色々辛いです。
PCの買い替えに伴い、録画・編集環境にも影響が出るはずなので時間が掛かります。またPC買い替えついでに素材の整理もしようと思っています。

優先度

前述した”動画制作理由”と内容が被りますが、動画化したゴエモン2とロックマンXは既存のbiimシステムRTA動画が見たいものではなかったという部分が大きいです。先駆者様を侮辱するわけではありませんが、好きなゲームのbiimシステムRTA動画が既にあるのに、それが見たい内容のものでないのは結構ヤキモキします。
今現在はそういった動画がないので、次はのんびり作っていこうと考えています。

コメント返信

うぽつ、おまどうま系コメント

ありがとうございます。励みになりますし、動画の序盤に勢いが出て賑やかになるので助かります。
ただ以前も記述しましたが、投稿間隔・タイミングについては投稿者の自由なので、「遅い」等のコメントは控えてほしいです。時間の感覚は個人差がありますし、趣味でやっていることなので納期などは無いはずです。
「遅い」などネガティブなコメントよりも、「待ってました!」とか「きてんじゃ~ん!」などポジティブなコメントのほうが投稿者も楽しめると思います。

ぎゃてコラ妖夢(キャラクターアイコン)について

”裏話”でも記載しましたが、好評で良かったです。今回は表情差分を使ってみました。良い反応が多くて嬉しかったです。
現在製作中の次回作ではもっと差分を作って表情豊かにしていきたいと思います。

VAVA戦

会話スキップやアイコンバグなどで反応をいただけて嬉しいです。他のRTA動画やTAS動画を見て研究したかいがありました。
VAVAの弱点はローリングシールドとホーミングトーピードの二種類でしたね。失念していました。コメントで補足してくれた既プレイ兄貴ありがとナス。

ボスパイダー戦

右枠にはクモのロボットということでFF8のSEED試験に登場するボスを採用させていただきました。稼ぎに使えたり特殊な仕様があったりして印象深いボスでした。
多足の昆虫ということで、ちょっと気持ち悪くカサカサ動かしてみようかなと思ってああいう編集にしてみました。
RTAという点ではかなりの強敵でしたね。動画内でもお話していますが、子蜘蛛攻撃が多かったので大苦戦でした。乙る危険もありました。攻撃を誘導できるって本当ですか?

上映会

多分コメントの大半がここにあるのではないでしょうか。賛否両論ですが、多くの反応をいただけて嬉しいです。
大体の内容は”裏話”で記載しましたが、マジレスで否定している人は「biim兄貴リスペクト」タグを再確認してください。biim兄貴をリスペクトして同じことやってるのにそれで批判されるのはおかしいよなぁ?
ゼEROとか部下とかは他の人がやっているので、私はやっぱり王道を往く東方ボイスドラマにしました。スクランブルエッグ☆はネタ要素もあるのでいい感じに皆さんに弄っていただけました。製作者様に感謝です。
正直ロックマン系のany%RTAにおけるボスラッシュはマジで見所も解説も無いので、倍速か雑談くらいしか選択肢が無いんですよね。波動拳や昇龍拳など倒し方が全然違えば解説する内容もあるのでしょうが。
ただD-REX戦についてはやっぱり解説いれるべきだったなと反省しています。上映会の尺を優先させた結果、解説する時間がなくなってしまいました。本来ならゲーム画面を倍速調整して尺を合わせるのですが、上映会のために低速処理をするのは違うと思ったのでああいう感じで流してしまいました。もっと短めの上映会素材を探したりするなど、対応方法は今後の課題だと思っています。

シグマ戦

イレギュラー多すぎィ!サスガダァ・・・
ウルフシグマはあんなに反応をいただけるとは思っていなかったので、意外でしたが楽しんでいただけたみたいで良かったです。
あの犬はとある事件の時に飼い主を置いて一匹だけ帰宅したことで一時期ネット上で結構ネタにされていた犬です。正直、事件など物騒なことに関係するので不謹慎だったかもしれません。申し訳ありません。最初はネットで有名なガイジーヌを使おうと思っていたのですが、以前の動画で使ってしまったのでネタ被りを避けるために不採用になりました。他の候補としてはアンニュ犬とかソフトバンクのお父さんとか4WDとかブロッコリーを前にして嫌そうにしている犬とか、狼繋がりで犬走椛とか今泉影狼のぎゃてコラとかがありました。どれが良かったんでしょうね?

後語り

私の自分語りなんかを最後まで聞いてくださってありがとうございました。
中には同じく動画制作者らしき方のコメントもあって、嬉しいです。
好きなゲーム、見たい動画があったら自分で作ってもいいのよ?

最後に

言いたいことを書きまくってたら文章文脈滅茶苦茶の駄文、長文になってしまいました。短文で済む内容ばかりでしたが、思ったままを文字におこしてしまい纏まりの無い読みにくい文章で失礼しました。荒れる要素もあったかもしれませんが、戯言と思ってスルーしていただければと思います。
本当はまだまだ話したいこと(淫夢やbiim関係の好きな人物や語録など)とか書きたかったのですが、書くのも疲れたのでまたの機会に。

投稿者:

ゲン

ゲームのブログとゆっくり実況プレイやってます。 Twitter https://twitter.com/Gen8603 YouTube https://www.youtube.com/c/Gen8603

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。