がんばれゴエモン 奇天烈将軍マッギネス_RTA_40分00秒_Part2/3

最初に

Part2についてです。もう結構昔のことなのであまり覚えてません。

裏話

RTA

今回のRTA的な見所は殆どなかったんじゃないでしょうか?強いて言えばえりあ三のルート分岐で、検証の結果、ガチ勢のルートよりも検証した別ルートのが早い可能性があるということを発見したことくらいでしょうか?あとは銀の招き猫に苦しめられたことですね。
えりあ四の陸奥街道の金魚維持はGBA版だとクッソ難しかったんですが、SFC版は比較的簡単だったので割とすぐに安定化できました。
こけし城は攻めチャートを採用したり、お面忍者戦を詰めればもっとスタイリッシュになったんでしょうが、まあRTAには安定重視や妥協も必要です。
見所は次の最終Partに集約してるので、今後にご期待ください。

編集

Part1ではかなり苦労したという話をしましたが、Part2ではその苦悩から脱却できたと思います。その分GBA版と実況解説やネタが被ってしまったかもしれませんが、それよりも自分の思ったままの編集ができるようになって良かったです。
Part2は特に倍速と上映会が多かったですね。でも再走なのでやっぱり意味の薄いところはどんどん端折ってテンポ重視な動画のが自分は好きです。上映会も全く意味のないものは流さず、RTAに関係あるステージの比較やRTAでは見せられないゴエモン2の魅力部分を流せて良かったと思います。
何か特別面白可笑しい編集はできてませんが、同時進行のゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドで一部凝った編集もしましたし、その新作でかなーり凝った編集を企画中なので、編集はそっちで遊ぼうと思ってます。

予定

前も言いましたがPart3はしばらくお預けです。今はブレス オブ ザ ワイルドのVOICEROID実況にお熱なので、そっちが落ち着いてからになります。
こういう風にシリーズが滞るので本当は別シリーズを同時進行とかしたくない気持ちもあったのですが、実は新シリーズとbiimシステムRTAの投稿タイミングを被らせたのには理由があります。それは急に新しい形式でシリーズを始めると「以前のモノを捨てた」とか「前の形式でやってほしい」という人が必ず出るので、その対策です。前回の記事でも書きましたが、別にbiimシステムRTAに飽きたとかではないのですが、自分にも新しいものに挑戦したい・始めたいという気持ちがあります。それに別に過去の作品・作風を捨てるつもりもありません。
そういう訳で、新シリーズを始めるけど旧シリーズも続けるよという主張のため、タイミングを被せての投稿になりました。まあ理想を言えば、最後まで編集を終わらせておいて、定期的に投稿できれば一番良いんですけどね。

最後に

今はブレス オブ ザ ワイルドで撮りたい・見せたい動画があるのでそれ優先ですが、それが撮り終われば次はbiimシステムRTAでやりたいネタがあるのでそっちをやろうと思っています。そもそも良い画は撮れるのかとか、気が変わったりとか予定は未定ですが、失踪する予定はないので、気長にお待ちください。

投稿者:

ゲン

ゲームのブログとゆっくり・VOICEROID(ボイスロイド・ボイロ・結月ゆかり)実況プレイやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.