富士山_リアル登山アタック_5時間58分_Part2/2

最初に

お疲れさまでしたってね(疲労困憊)

裏話

リアル登山アタック

初完走できましたが、タイムや録画などガバガバでしたね。特に登頂の瞬間を録画できなくて悔いが残る結果となりました。今のところ再走の予定はありませんが、もし走り直すとしたら、GoProなどのアクションカメラを導入し、ザックやレインウェアなどの装備もちゃんとして、吉田ルートで山小屋一泊チャートで走りたいと思っています。ただ、私なんかよりもよっぽど上級者の方や動画編集が面白い方が走ってくれたらそれはそれで嬉しいです。
動画内でも少し触れましたが、リベンジとして10月2日に伊吹山100%RTAに挑戦してきました。こちらは部分的に録画・写真撮影をしてバッテリーを残し、登頂の瞬間もちゃんと撮影ができました。撮影方法は少し変えましたがあまり改善は見られなかったのでやはりアクションカメラ、もしくはチェストベルトなどの導入は必要ですね。伊吹山RTAは一応動画化可能ですが、今のところ予定はありません。編集が地獄だから仕方ありませんね。
まあ、普段RTAやってる・やってた人がRTA(リアル登山アタック)をやるという身体を張った渾身のギャグが披露できたので満足しています。

編集

久しぶりのbiimシステム動画だったというのもありますし、動画時間も長くなったというもありますが、改めてRTA(リアル登山アタック)動画の編集は大変でした。
ゲームの動画と違って、録画時間がとにかく長いですし、その中で見所を厳選したり、BGMを自分で差し込んだりと全然別モノでした。
ゲームの動画は1つのプレイという基本的に限られた時間の中で場面に合わせた話や台詞を考えたり、それはそれで難しいものがありますが、RTA(リアル登山アタック)動画は録画時間が長すぎて動画の時間や話の詰め具合などのバランスを考えるのが難しかったです。結果として話したいことを延々と話していたら元々18~20分程度で収めようと思っていた動画時間が23分にもなってしまいましたし、本当は頂上の神社辺りの話ももっとしたかったのですが泣く泣くカットすることになりました。「バッテリーが切れました~」辺りからは編集欲よりも投稿欲のが大きかったので早く仕上げたいって気持ちが強くなってましたね。あのままず~っと話してたら多分動画時間30分になって投稿は11月になってたと思います。
動画内で話してない要素としては、友人が撮ってくれた神社や鳥居の写真。私が剣ヶ峰へのルートが分からず迷ってガバったり、名称をド忘れしてしまい神社の人に「富士山の本当の頂上ってどこですか?」とかいう馬鹿みたいな質問をしたなんてエピソードがあったりします。他には神社でお守りを買ったりもしましたね。友人は絵馬と矢?を購入してました。あとは山頂で休憩していると近くの人がコッヘル?で湯を沸かしてカップラーメンやコーヒー、ココアなんかを飲み食いしているのを恨めしそうに眺めたり、下山後に温泉に行ったり、そこでローストビーフ丼を食べたりなんてのもあります。まあ下山に関してはRTA外の話になりますかね?
とりあえず今回の動画でRTA(リアル登山アタック)としては私はやり尽くしたので、次回万が一、伊吹山やその他これからの時期の冬山などの動画を撮って動画にするならあっさりめの動画にしたいと思います。

予定

今回の動画にかなり時間をかけてしまったので、他動画への欲がだいぶ溜まってます。
とりあえずブレスオブザワイルドですね。編集の内容までは考えていませんし録画もまだですがが、動画にしたいミニゲームが何種類かあります。
それが終わったら、もしくは同時進行で既に購入済みのとあるゲームの動画も作りたいですね。これはちょっと過去動画のリベンジというか清算というか作り直しの意味があります。完成したら以前の動画は消す予定です。あとレトロゲームのTA(タイムアタック)でbiimシステムの動画も予定しています。
やりたいことが多すぎて体も時間もいくつあっても足りません。ただやっぱりプレイや編集は納得いくものを作りたいですね。手抜き動画を作ると結局あとで後悔して公開をやめたり無駄に動画数が増えちゃいますからね。趣味でやっていることなので自分の思うようにやりたいです。

最後に

今回のRTA(リアル登山アタック)を経験したことで私の趣味の中に新たに登山が加わりました。頻繁に・ガチでやるつもりはありませんが、また機会があれば挑戦したいと思うくらいに好きになりました。友人も「今度またどこかの山に登りたい」と言ってくれました。誘ってよかったです。
じつは私はRTA(リアル登山アタック)動画にハマる以前、結構キャンプや車載の動画やアニメを見てて元々興味がありました。某山クジラ兄貴とゆるキャン△が生きがいでした。その時は道具を揃えたり外出は大変だということで自分でやるところまでは行きませんでしたが、キャンプに比べれば登山は道具も少なくていいですし、何より達成感を味わえるのが良いですよね。
何故山に登るのか?というのは有名な質問で、そこに山があるからというのを始め、理由は人それぞれだと思いますが、私は断然「達成感を味わうため」と言います。緑豊かな山道や山頂から見る風景なども素晴らしいと思いますが、私は達成感>風景ですね。
ゲーム好き、特にクエスト達成系やステージ攻略系のゲームが好きな人は登山にハマれると思います。”山”というステージに挑み、”山頂”というゴールに到達するクエストを達成するゲームといった感じで、ゲーマーと登山は相性が良いと思います。
このブログや動画を見てくれたゲーマーで、あまりアウトドア系の趣味をお持ちでない方は、一度登山に挑戦してみてはいかがでしょうか?私もやったんだからさ(同調圧力)

投稿者:

ゲン

ゆっくり・VOICEROID(ボイスロイド・ボイロ・結月ゆかり)実況プレイやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください